4年ほど前に念願のマイホームを購入しました。家を建てると決まり、間取りや内装、細かいところまでどのようにするのか、
全て自分たちの好みにすることができることに、こんな家に住みたいという妄想が膨らみ、ウキウキワクワクしながら、
予算は後で必要ないところは削ればいい!と思い、とりあえず取り入れたいものは全て取り入れてみることになりました。

できあがたものはそれはそれは満足でした。
が、もちろん金額は跳ね上がっているため、そこから今度は必要のないものを削る作業です。
理想の家への妄想が高まりきっているため、もちろん一度入れたものを削るのは、とてもやるせない気持ちなります。

マイホーム購入を決めたころの私たち夫婦はまだ若かったこともあり、予算も高めにはとれないにもかかわらず、
理想の家から現実を見て何かを削るというのも、なかなか決心することができませんでした。

そして、悩みに悩んだ末、住むところは妥協しないほうがいい!
ということで当初の予算よりだいぶ高くついてしまいましたが、下げるとことまで削りきることができずに、たくさん働こう!ということに収まりました。
そのかいあって、今の家にはとても満足しており、とても気に入っています。

しかしやはり、予算をだいぶ上回ったローンは家計をとてつもなく苦しめているのも現実です。
繰り越し返済を頑張ろう!!と家を購入したあの頃、もう少し冷静になっていれば。と思う今です。

大抵の人が一生に一度の大きな買い物となるマイホームの購入。
とても楽しくワクワク夢も膨らみますし、暮らし始めてからの気分もやはり賃貸とは違い、いいものです。
これだけ大きな買い物ですから、みなさんは冷静に判断できるかとはおもいますが、
最後の決心をするときには、高まった気持ちを一度沈めてから、冷静に適正な金額内に収まっているのか、
判断してからのご購入を私はお勧めいたします。