私がまだ19歳から20歳の頃、高校を卒業後とある会社に正社員として入社しました。当時会社の寮に入った私は六畳の部屋に2人で入る事になりました。
何せ今から25・26年前の話なので1人部屋ではありませんでした。門限も10時で厳しかったので飲みに行ってもすぐ帰らないといけないという状況が続いてました。

そんな時、私は寮を出て1人暮らしをする為に昼間仕事をしながら夜もスナックでバイトをする事に…
昼間の仕事がお休みの時は外出、外泊は許されていたのでバイトに励みました。
そのバイトをしている中お客様の中で私に声を掛けて来た人がいました。

私はその人と恋に落ちました。その人と付き合って行くうちに私はのめり込んで行ってしまいました。
彼は自分のお店をしたい一身で私に何度も何度もお金を貸してくれと言ってきました。
それがいっぺんにではなく小分けしながら上手く私を騙しながらお金を借りるハメになり気づいた時には消費者金融に300万近く借金をしていました。

私は毎月の支払いがキツくなり借金が返せなくなりました。
25?6年前と言うと今の様に弁護士に相談して債務整理などという手段がなかった為なくなく親にしがみついて銀行からお金を借りるハメになりました。
親に迷惑を掛けたくは無かったのですが…まだ若かったのと右も左も分からない時でしたので本当に苦い経験をしたと思っています。