私は団体職員として勤務しているのですが、自宅を購入する際に、やはりローンとして様々な方々が地方銀行に出向いて
ローンシュミレーションを組むような形になると思うのですが、私は、団体職員として共済組合が存在しておりましたので、
そこから借り入れすることができる形となりました。

共済組合では職員に対して、物資貸与や、住宅資金貸付等と言う形で地方銀行よりも低金利でローンを組むことができます。
低金利で非常に助かるのですが、反面非常に面倒くさい内容が発生する形になるのですが、
それは、証明書関係を月に一回以上共済組合に提出しなければならないと言うことです。

やはりお硬い職業でありますので、資金を低金利で借りれる反面、そう言った煩雑な事務がつきまとってくるような形になります。
他には、かなり良い金利で共済組合に預け入れをして、貯蓄額を年率1%で増やすことが可能となりますので、
非常に手堅い形で貯金して、その利益から、支払いに回すと言うことも可能になります。